資本主義ゲーム攻略を目指すものぐさの雑記帳

人生の暇つぶしとして資本主義というゲームの攻略を目指しつつ、日々思ったこと、考えたことを取り留めもなく綴っていきます。

【読書メモ】(日本人)

withコロナ時代のお手軽メンタル強化術

セロトニン欠乏脳という国民病 以前、日本人は民族的にセロトニンという神経伝達物質の分泌量が少ないということに触れました(※1)。 セロトニンは主に神経の興奮を抑える抑制性の神経伝達物質で、ストレス中枢でもある動物脳(大脳辺縁系)をなだめる働きが…

社会はマッチョの誠実さで繁栄した?

※本記事はジェンダー的な要素を多分に含んでいます。ご注意ください。 経済はオキシトシンでは繁栄しない 『経済は「競争」では繁栄しない』という本があります。 内容を一言で言うと、競争を生むテストステロン(男性ホルモン)ではなく、共感と信頼を育む…

デキる男になるべきかモテる男になるべきか Part.2 ー論理と共感のジレンマー

~前回のあらすじ~ 車のことが大好きでたまらない理系の非モテ男。ある日、知り合いの女性のカートラブルを解決しようと奮闘するものの、対応を誤り女性の機嫌を損ねてしまう。その後モテ男のスマートなやり取りを目にするが、ことの流れに納得がいかず腹を…

【読書メモ】『もっと! : 愛と創造、支配と進歩をもたらすドーパミンの最新脳科学』

教養は現代に必須のチート装備?

直感と直観 口ではうまく言い表せないけど、何となく○○な気がする… このような感覚は多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。 この感覚は俗に言う第六感、直感のなせる業と言われています。 直感… この言葉を辞書で引いてみると、「推理や考察な…

チンパンジーに学ぶ社会経済学

18世紀イギリスの経済学者、ジェレミー・ベンサムが唱えた功利主義。 社会全体の幸福の総和を最大化する「最大多数の最大幸福」をスローガンとする考え方です。 功利主義にはさまざまな亜型があり、ベンサムの功利主義は現在では古典的功利主義に分類されて…