資本主義ゲーム攻略を目指すものぐさの雑記帳

この仮初めの人生の暇つぶしとして資本主義というゲームの攻略を目指しつつ、日々思ったこと、考えたことを取り留めもなく綴っていきます。

メキシコの漁師という人生の達人

 
 

f:id:otbkjohn:20191022184559p:plain

  

世界で一番有名な漁師と言えば誰でしょうか(釣り師的な意味ではなく)
 
その道に詳しい漁業関係の方からは特定の固有名詞が出てくるかもしれませんが、我々ネット民にとって最もなじみのある漁師と言えば、かの有名なコピペに登場するメキシコの漁師ではないでしょうか。
 
そんなコピペ知らんという方のために、ここでぜひご紹介したいと思います。
 
私の知る限りではいくつかのマイナーバリエーションがあるようですが、話の大筋には大差ありません。
 

 メキシコ海岸の近くの小さな漁村に、一人の漁師が住んでいた。彼は毎日、自然に目覚めるまで寝て、海に出て魚を何匹か捕り、子供たちと遊び、昼寝をする。夕方になると、村の友人たちと酒を飲んだり、ギターを弾いたりする充実した生活を送っていた。
 
 ある日、漁師はキハダマグロを何匹か釣って戻り、小さな漁船を接岸した。すると、埠頭に男性が座っているのが見えた。彼は、米ハーバード大学を卒業したエリート・ビジネスマンだった。
 
 ビジネスマンは、漁師が高級な魚を釣ったことを褒めながら、漁にかかった時間を聞いた。漁師は、ほんの少しだと答えた。
 
 「もっと時間をかけて、魚をたくさん釣らないのかい?」とビジネスマンが質問すると、「一家の生活には十分だから、たくさんはいらない」と、漁師は答えた。
 
 ビジネスマンは漁師の生活ぶりを知り、アイディアを出した。「あなたは毎日、もっと多くの時間をかけて魚を捕り、稼いだお金でもっと大きい漁船を買うべきだよ。魚を多く捕れば漁船の数も増えて、何隻も所有できる。魚は行商人に売らずに、直接加工工場に売るといい。続いて、缶詰工場を開き、生産、加工、販売を全部コントロールする。すると、この小さな漁村から離れて、メキシコシティ、ロサンゼルス、最後にはニューヨークに引っ越し、どんどん企業を拡大していくんだ」
 
 漁師は、「それはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?」と聞いた。ビジネスマンは、15~20年だと答えた。
 
 ビジネスマンは更に、「時機が熟したら株式を上場し、そうすれば億単位で儲かるよ」と、漁師に説明した。
 
 最後に、ビジネスマンはとてもゆったりとした生活を思い描いた。「その時、あなたは退職して、海岸に近い小さな漁村に引っ越し、毎日自然に目覚めるまで寝て…」
 
 漁師はそこまで聞くと、ふと漏らした。「それは、今の私の生活と同じではないか?」
 
この話は現代資本主義社会の権化とも言えるエリートビジネスマンが、小さな漁村の名も無き漁師にビジネス、ひいては人生で成功するための考え方・道筋をとくとくと説いた後、漁師の思わぬ一言によって大切なことに気付かされるというものです。
 
最後の漁師の一言に、いやお前の生活は常にギリギリの綱渡りだろうが。財産やビジネススキルがあるのと無いのとでは一見同じ生活をしているように見えて、バッファ(余裕)に天と地ほどの差があるだろう、と思う人もいるでしょう。
 
というか私は少しそう思っています。
 
ただ今回はそのことについて触れたいわけではありません。
 
ここで重要なのは、ビジネスマンが富や名声を手に入れた後(リタイア後)に思い描く生活が、まさに漁師の暮らしそのものだということです。
 
つまり冒頭の
彼は毎日、自然に目覚めるまで寝て、海に出て魚を何匹か捕り、子供たちと遊び、昼寝をする。夕方になると、村の友人たちと酒を飲んだり、ギターを弾いたりする充実した生活を送っていた。
 
この短い一文に、現代社会の奴隷である私達を惹きつけるものが詰まっているのではないかということに私は気が付いたのです。
 
ではなぜ現代社会の勝ち組であるエリートビジネスマンが憧れるほどに、メキシコの漁師の生活は魅力的なのか。
 
まず彼の一日は
彼は毎日、自然に目覚めるまで寝て、海に出て魚を何匹か捕り、子供たちと遊び、昼寝をする。夕方になると、
 
これだけで既に夕方になっている。
 
非常にスローな時間が流れていることがわかります。
 
これが我々現代人であれば

午前7時、けたたましい目覚ましの音で目を覚ますが、寝不足で昨日の疲れが残っており、あと10分と目覚ましに手を伸ばす。そうこうするうちに遅刻ギリギリの時間になり、急いで顔を洗い、身支度をして朝食をかきこみ、家を飛び出る。最寄りの駅まで小走りで急ぎ、何とかいつもの時刻の電車に乗る。満員電車はすごく窮屈で、電車に乗っているだけで体力を消耗してしまう。会社に着いたら早速今朝までにたまったメールをチェックして、今日が締切りの書類が何枚あるか確認し、顧客からの電話に対応しながら営業資料を準備して、得意先へ商談に。そうこうするうちに昼過ぎになり、急いで昼食をかきこみ午後の営業先へ…

 
と、こうなるだろう*1
 
さて漁師の話に戻って、彼の生活を中学校の現代文の課題よろしくさらに要約すると、

朝起きて釣りをして、子供たちと遊んで昼寝して、村の人達と酒を飲んで趣味に興じる

 
これだけである。
 
やっていることが圧倒的に少ない。
 
この漁師の生活は極めてシンプルで、人によっては単調でつまらないと思うかもしれない。
 
だがそれがいい。
 
やること(やらなければならないこと)が少ないからこそ、ゆったりとした時間を過ごし、その時々を思う存分味わうことができるのだ。
 
夕方になると、村の友人たちと酒を飲んだり、ギターを弾いたりする
 
さらに彼は夜になると村人たちと酒を飲んで語り、心行くまで趣味を楽しんでいる。
 
これにはハーバード大のウォルディンガー教授もにっこり*2である。
 

 
つまりメキシコの漁師の暮らしは
 
  • スローライフ(マインドフルネス)
  • ミニマリズム
  • 人との交流
 
という3つの要素からなっており、ここに幸福の秘訣があるのではないかと私は睨んでいる。
 
メキシコの小さな漁村に住む名も無き漁師。彼は生まれながらにして人生の本質を知る、いわば人生の達人……
 
…いやそうではなく、彼はただ人間本来の自然な生き方をしているだけのことなのかもしれません。

*1:私は一般の会社員ではないので妄想ですが

*2:詳しくはリンク先の記事をご覧ください